​未来に残したい自然と景観のために。

真っ白な砂浜に、エメラルドに輝く海。

誰もが一度はその名前を聞いたことがある人気観光スポット平湾”。

自然に富み、昔ながらの低層建築が続く集落の景観の先に

広がる先に待っている川平湾は、毎日のように多くの人が訪れます。

しかし、今、この川平湾を取り巻く自然と景観が

危機にさらされています。

10年前、石垣島らしい景観として「景観地区」に認定された川平地域。

建物の高さ制限をはじめとする、いくつかのルールで

その自然と景観が守られ続けてきました。

現在、石垣市は「川平景観地区の見直し」を進めています。

それまで「守るべき」としてきた川平地区を「利用すべき」と言い出したのです。

川平地区では、石垣市の景観地区見直しを待って、

既に大規模なリゾート開発が始まっています。

高さ制限が緩和されてしまうと、自然は壊され、似合わない高層建築物が

そこら中にできてしまいます。

自然豊かな村、神高い村として歴史の長い川平集落。

「自然破壊」「景観破壊」から生まれる「観光発展」なんて

誰も望んでいないはずです。

私たち川平住民は、石垣市が進めている

「景観地区見直し」の撤回を求めます。

川平について

問題について

​守る会について

​協力する

​2018年5月。

石垣市は”川平景観地区の見直しの中止”を発表しました。

島内外から多くの「そのままの川平」を求める声が集まり、

それが大きなパワーとなりました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

川平の景観を守る会は、引き続き川平村の景観や自然環境を

守るために活動を続けていきます。

​引き続き、応援よろしくお願いいたします。

​最新の活動
チラシ_2.jpg

12/22 (土) 「かびら村の年末大掃除」

​※ビーチクリーン参加者募集中!

©2018 SAVE KABIRA

川平の景観を守る会

お問い合わせ
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now